インプラント治療の流れなどをご説明します

  • インプラントについて
  • CTスキャンについて

お電話でも受付ております 03-3821-3351

お問い合わせ
開業90年 地域密着の安心で確かな治療

インプラントとは

「インプラント治療」は「人工歯根療法」とも言われます。 失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

インプラント治療は、人工歯根をあごの骨に埋めるため、手術が必要です。あごの骨に穴をあけて人工の歯根を埋め込み、それが骨と結合したら、その上に人工の歯をかぶせます。

インプラントって怖い?

院長先生からのインプラントの「怖くない治療」についてのご説明文を掲載します。
先日お話しにあがりました、患者さんのインプレントへのマイナスイメージを払拭するような、院長先生が普段患者さんにお話しされている内容になります。
こちら文章のご協力をお願いいたします。

インプラント手術について

当院では1回法, 2回法, 骨造成(GBR法)を行っています。

●一回法手術(2ピース型)

一回法では、外科手術は一回のみ行います。まず、手術でインプラントを埋め込んだ後、その一部を顎骨の外に出しておきます。そして、インプラントと骨との 結合期間を経て、外に出しておいた部分にアバットメントを装着し、人工歯を取り付けます。歯茎を切開するという外科手術が一回で済むことが最大のメリット です。

●二回法手術(2ピース型)

ニ回法では、外科手術を二回行います。一回目でインプラントを顎の骨に埋め込み、一度歯茎を閉じた後、インプラントと骨が結合するのを待ってから(3~6ケ月)二回目の手術を行います。そこで再び歯茎を切開し、アバットメント(インプラント体と人工歯を固定するための支台)をインプラント体に装着して人工歯を取り付けます。

● 骨造成法( GBR法)

GBR(骨誘導再生)法とは、欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法です。 インプラントを埋め入れるために十分な骨の量がない場合などに利用します。

◆サイナスリフト

サイナスリフトは骨の厚みが3~5mmよりさらに少ないときや、多数の歯が欠損しているときに行います。この場合、骨移植と同時にインプラント埋入をすることは困難ですそれは、骨が薄すぎてインプラントの固定が難しいからです。
ですから、まずは骨移植のみを行い、骨がしっかりできるまでに3~6ヶ月待ちます。
無事に移植骨が固まったらインプラントの埋入になります。
基本的にはこのように骨移植とインプラント埋入を別々に行いますので、移植からインプラント埋入、さらに歯が入るまでに4.5~8ヶ月かかります。

◆ソケットリフト

ソケットリフトは、歯の生えていた部分から(歯を抜いたときはその穴から)。
サイナスリフトは、歯が生えていた部分の側面の歯ぐきからアプローチしていきます。
インプラントは、埋入したときにしっかりと骨で固定されていることが大原則です。
ソケットリフトは、しっかりとインプラントが固定できるだけの骨の厚み(最低3~5mm)がないとできません。
ソケットリフトの良い点は、骨の移植と同時にインプラントを入れることができますので、はじめに骨移植のみをするような場合よりも、歯が入るまでの期間が 短縮(歯が入るまでに3ヶ月前後)されます。また体への侵襲度(体への負担)もサイナスリフトと比べると少なくできますので腫れや痛みがほとんどありません。

料金はこちら

ページの最初へ戻る

ホーム診療案内CTスキャン料金表医院紹介アクセスリンクサイトマップ

Copyright ©田中歯科医院.All RishtsReserved.